手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

コラム

コラム

Vol.397 来たる夏に備え、覚えておきたい店頭ボードの必勝ポイント

  昨日は、弊社開催のセミナーを行いました。 東京は梅雨入りし、連日、雨が続いていました。 昨日だけ、奇跡的に晴れ!無事に開催することができました。 (ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。) 次回は9月を予定しております。日程が決まり次第、またご連絡しますね。      …

» 続きはこちら

コラム

Vol.396 これは、斬新なアイディア!な店頭ボード

  長年、数多くの店頭ボードをリサーチし、様々な表現方法を見てきましたが、こうした表現は斬新!と膝を打ったボードを紹介します。 店頭ボードに棒グラフ! 市場の年ごとの推移を表すものです。 確かに文字で推移を書くよりもグラフで表現した方が、すっきりしますし、推移も一目瞭然。 ついつい、店頭ボードとは、文字とイラ…

» 続きはこちら

コラム

Vol.395 一瞬で圧倒的に目立つ店頭ボードになるアイディア

  先日、東京・下町を散歩している時にユニークな店頭ボードを見つけました。 店頭ボード本体を唐草模様の風呂敷でラッピング。 ほんのひと工夫ですが、これだけで、一気に“江戸っぽい〟雰囲気に。 観光客が多く、競合他店が多い地域の中で、ひときわ、目を引いて目立っていました。   また、単純に目立たせること…

» 続きはこちら

コラム

Vol.394 お客様自らがお店に引き寄せられちゃう、ヒミツの仕掛け

  ご存じ、ペコちゃん人形。 店頭に立って、道行く人々に笑顔を見せてくれるお馴染みの存在として有名ですが、季節毎に衣替えをしていることはご存知ですか?   5月。 端午の節句にちなんで、こいのぼりを肩からさげて、兜をかぶっていますね。   8月。 旬のマスカットがついた夏らしいワンピースを…

» 続きはこちら

コラム

Vol.393 店頭ボードで集客するための第一条件

  日々、店頭ボード販促に向き合っている方にとって、頭を悩ませることといえば、 「どんなコピーを書いたら、人をひきつけられるかな?」 「注目を集めるボードを書くには、どんなレイアウトにしたら良いのだろう?」 といったことかと思います。 が、店頭ボードで集客を実現するためには、更に重要なことがあります。 &nb…

» 続きはこちら

コラム

Vol.392 今ある商品の見せ方を変えて、売れる商品にする店頭ボード

  今週末は何の日かご存知でしょうか? 5月の第2日曜日は、「母の日」です。 ちょうど昨日も、母の日商品をアピールする店頭ボードを見つけました。 リラクゼーションサロンが母の日限定のギフト券をアピールしているものです。 コラムVol.390でもお伝えした通り、母の日の様な何らかのイベントや記念日を絡めたボード…

» 続きはこちら

コラム

Vol.391 ひとを動かすコピーを書く方法

  今週は、オフィス街のランチタイムに見つけた店頭ボードを紹介します。 もう説明はいりません。コピーが秀逸です。 日々、店頭ボードのリサーチを続けていますが、コピーを見ただけで、「食べたい!このお店に入ってみたい!」と思わせてくれた店頭ボードは久しぶりです。   ●自分のお店の商品のウリが何か? ●…

» 続きはこちら

コラム

Vol.390 購買意欲を2割増しにする魔法の店頭ボード

  突然ですが、今、デスクの上に花が飾ってあります。 今朝、コーヒーを買うために立ち寄ったミニスーパーで買ったものです。   基本的に、デスクにお花は置かないようにしているのですが、買わずにいられなかった理由は、一枚のミニボードです。   不覚にもカメラを持っていなかったので写真がないので…

» 続きはこちら

コラム

Vol.389 模範的な店頭ボードの置き方実例

    今週は、先日、オフィス街の飲食店で見つけた店頭ボードを紹介します。 パッと見ると、ただ単に2つの店頭ボードが置かれているだけの様にも見えますが、2つの店頭ボードをよくよく見てみると、隠れた狙いに気付けます。   右側の店頭ボードは、大きく目立つ文字でお店の一番のウリを大きく書くこと…

» 続きはこちら

コラム

Vol.388 「え?こんなお店も店頭ボードも?」を狙おう

  今週は、出張の際に宿泊したホテルで見つけた店頭ボードを紹介します。 チェックインをして、部屋に向かう途中、フロント横にあったレストランに、こんな店頭ボードを見つけました。 朝食について案内する店頭ボードですね。   ホテルで手書きの店頭ボードが使われていることって少ないので、思わず、見入ってしま…

» 続きはこちら