手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

コラム

コラム

Vol.116 商品を裏側から観察すると、新しいPOPが生まれる

先週は奈良へ行ってました。 京都・大阪は、結構、行きますが、奈良は修学旅行以来。 久々に、鹿にあってきました。   用事が終わった後に、奈良の商店街を散策してたら、100円ショップのダイソーがありました。 その店先には、こんなPOPが…。   なんとなんとっ105円! とありますが、そもそも、100…

» 続きはこちら

コラム

Vol.115 ランキング1位なら、店頭ボードでどんどんアピールするべき!

  今日は手書きボードではありませんが、こないだ見つけた看板をご紹介します。 リラクゼーション・整体の看板ですが、よーく左上を見てみると。。。。   口コミランキング第一位というマークが貼られています。 これって些細なことですが、これのアリ・ナシでお客さんのお店に対する印象は、かなり変わります。 整体、エステ…

» 続きはこちら

コラム

Vol.114 閉店時こそ、店頭ボードを活用しましょう

  私の本、「店頭ボードの描き方・作り方」では、店頭ボードを活用するための、7つの戦略について触れています。 そのうちの一つに、「クローズド戦略」というものがあります。 お店の営業時間でない時にも、お店の前には人が行きかいます。 それらの人々に何もアピールしないことは、お客さん候補をみすみす、逃しているという…

» 続きはこちら

コラム

Vol.113 文句なしに旨そう!なラーメン屋さんの店頭ボード

  先日、お仕事で港区三田へ。 私にとって、あまり、イメージのない駅だったのですが、慶應大学のキャンパスがあるんですね。 そういえば、三田キャンパス、って聞いたことがありました。 そんな三田駅で見つけた、店頭ボード。 三田駅直結のラーメン屋さんのもの。 文句なしに、美味しそう!と思わせてくれる店頭ボード。 写真の使い方…

» 続きはこちら

コラム

Vol.112 ナマモノで注目を浴びる店頭ボード

  先日、渋谷で発見した、ユニークな店頭販促を発見しました。 最初、模型かな?と思ったのですが、リアル金魚。 入口横にて、優雅に泳いでいました。 まだ開店前の時間だったのですが、周りにキャンドルが置かれていたので、恐らく夜は、ライトアップをするのでしょう。 さぞ、光と水面が幻想的だと思います。   魚介関係の…

» 続きはこちら

コラム

Vol.111 相撲ファン必見のオリジナル店頭ボード

  先日、両国へ行ってきました。両国といえば、大相撲。 さて、相撲というと行司さんっていますよね。 「東~●●●、西~●●●」と、仕切る、いわば審判さんです。 相撲の審判さんの名前は歴代、襲名します。(歌舞伎役者みたいなイメージです) その行司さんの最高位が木村庄之助といい、横綱の相撲しかやらないそう。 ※詳…

» 続きはこちら

コラム

Vol.110 お父さん犬に学ぶ、店頭ボードの本質

  店頭ボードってどういうもの? こう質問すると、A型看板とか、黒板を想像しますよね。   でも、これも立派な店頭ボード。 ご存知、ソフトバンクのCMキャラクターの「お父さん犬」。 昨日、日本橋のソフトバンクショップの店頭に鎮座されてました。 ソフトバンクという看板は木陰で隠れて見えなかったのですが…

» 続きはこちら

コラム

Vol.109  雰囲気・センスのある横田基地の看板たち

  先日、用事があり、東京の西、福生市に行ってまいりました。 福生市というと、横田基地が有名です。 普通に、セブンイレブンで、米兵さんとすれ違うし、いたるところに英語表記の看板があるし、いつのまにか、アメリカに紛れ込んでしまったような不思議な気持ちになります。 基地の周囲には、洋服屋さんや飲食店など、色々なお店がありま…

» 続きはこちら

コラム

Vol.108 夏ならではの店頭販促 パート2

  常々、私は郵便局の店頭ボードに注目しています。 民営化したとはいえ、どこかで公的機関というイメージが強く残っているので、店頭ボード自体、ださなそうですが、郵便局の店頭ボード率は非常に高い上、感心するくらい、工夫しているものが多いんです。 例えば、コレ。 先ほど、郵便局を訪れた際に、見つけました。 とても夏…

» 続きはこちら