手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

初めての方へ

弊社ウェブサイトへお越しいただき、ありがとうございます。株式会社店頭販促コンサルティング 代表コンサルタントの中村 心です。

弊社は、その社名の通り、「店頭販促専門のコンサルティング会社」です。
弊社の事業は大きく分けて2つです。

 

●コンサルティング事業
A型看板・ブラックボード・POPなどの手書き販促物はもちろん、ファサード看板・のぼり・バナーなど、最適な店頭販促のご提案で、もっとお客さまが集まる売れる店頭へと変え、更なる繁盛店となるためのお手伝いをさせて頂いております。
→ コンサルティング事業の詳細はこちら

 

●研修セミナー事業
研修セミナーを通して、スタッフ様・店長様お一人お一人の手書き販促力を上げるためのお手伝いをしております。
実習も交えた講義は各方面より非常に好評をいただいております。
→ 研修セミナー事業の詳細はこちら

 

 

■コンサルティング・研修セミナーの実績一覧はこちら

セキスイハイム(株式会社積水化学工業) / リクルート / 株式会社ルネサンス /公益財団法人東京都中小企業公社 / ピザハットナチュラル / 横田富佐子総合美容文化会 … 等(順不同/敬称略)

 

■メディア掲載実績はこちら

商業界 / 販促会議 / 新宿商人 / 飲食店経営 / 食品商業 / 日本外食新聞 / HAIR NEW MADAM / TV神奈川 / FM TOKYO  …等

 

■弊社代表/店頭販促コンサルタント 中村のプロフィールはこちら

 

 

初めての方へ、弊社のことを理解していただくため、弊社が店頭販促のコンサルティングをはじめたきっかけ、店頭販促への思いを書きました。
少々、長くなりますが、もし宜しければ、お読みください。
●店頭ってそんなに大事?
商品やサービスがよければ、お客さまは勝手にくる?

「店頭販促ってそんなに大事なの?」
「商品・メニューさえ良ければ、お客さまは勝手に来てくれるでしょう?」
「チラシを作ったり、ネット販促はやっているけれど、店頭ボードは書いたことないし、必要性も感じられない」

 

こんなご意見をたまに聞きますが、断言します。
ファサード(お店の外観)は、集客上、非常に重要であり、ファサードの軽視は大勢のお客さま候補を、自ら捨てているとも言えます。

 

これは、決して、大げさにいっているわけではありません。
それを裏付ける調査結果をご紹介します。

グラフ

 

月2回以上、夜に外食する20~69歳のネットユーザー300人に、「どうやって飲食店を選びますか?」という質問をしました。その結果、1位は「直接の口コミ・紹介 76.7%」。
2位は、数ある販促を抑えて、「偶然通りかかった 40.3%」という結果でした。

この「偶然通りかかった」お客さまを店内に引き込むものとは何か?それは、店頭の販促物です。

ご紹介したのは飲食店を選ぶ際のアンケートのため、必ずしも全業種業態で同じ調査結果になるとは言えません。しかし、皆さんも、お店を選ぶ際に店頭をチェックして、店頭販促の内容にひかれて、お店を決めた経験はありませんか?
きっと、小売店、エステ・マッサージ、整体、接骨院、美容室、不動産…ほぼ全てのお店で同様の結果が出るはずです。

どんなに良い商品を作り、上質なサービスを心がけても、外観ファサードに魅力を感じてもらわなければ、そもそも、お客さんには来店してもらえない可能性が高いのです。

つまり、たくさんのお客さまに来店してほしい!もっとお店を繁盛させたい!!そう考えるならば、店頭を変えることは必須であり、非常に重要なのです。

 

●店頭の重要性に気付いた〝きっかけ〟

と、言いつつ、私も最初から店頭の重要性に気づいていたわけではありません。
私は、株式会社店頭販促コンサルティングを立ち上げる前に、数度の転職を経験しています。
→ 詳しくは、代表プロフィールをご覧ください。

百貨店の販売担当、通販会社でのDMやホームページ等の販促物制作、そしてビジネス経営書籍の編集者…。

これらは一見、繋がりのない仕事に見えますが、職種・立場は違うものの、ずっと“販売・販促”に携わってきました。
しかし、当時、「店頭の重要性」を考えたことはなく、大事なことは「商品力」「サービス力」であり、それらがあれば売れると思っていました。また、ちょうどインターネットの超普及期であったことから、「これからは、ITの販促があれば、他は入らない!!!」とさえ、思っていたくらいです。

 

しかし、〝あること〟をきっかけに、私は店頭販促の重要性に気づくこととなります。
それは、拙著【店頭〈手書き〉ボードの描き方・作り方】の前書きに書いたエピソードです。

book
店頭ボードの描き方・作り方(日本実業出版社)

 

以下、本より一部抜粋です。

「私の親友が、長年の夢をかなえ、一軒の小さなBARを出しました。
しかし、経営は、なかなか、軌道にのりません。
そのうち、貯金していた資金はどんどん減っていきます。
彼女には、販促をしたくても資金は残り少なく、自分でHPを作れるほどの技術もありませんでした。

どうしたら私は彼女を救えるのか・・・。

それまでの職歴で得た、販促の知識を総動員して考えている時に目に留まったのが、
ある飲食店の店頭でうずくまっている店員さんです。
その店員さんは店頭ボードに文字を書いていました。

その瞬間、私はひらめきました。
店頭ボードならば、そう高価なものではないし、文字さえ書ければ、専門知識や技術は必要ない!!
そこで私は実際に都内を中心に、のべ5万店舗以上の店頭を見て回りました。
その結果、繁盛店・人気店の店頭には共通のルール・法則を発見したのです。」

 

このルール・法則をまとめたのが 【店頭〈手書き〉ボードの描き方・作り方】 という本です。

元々は、親友のサポートからはじめた店頭販促の研究でした。しかし、リサーチ・研究を続けるにあたり、 お店の前で行う店頭販促は、集客において、非常に重要だと気づいたのです。
一方で、チラシやDMやHP、クーポンばかりが注目され、店頭ボードを重視しているお店が少ないとい感じました。
店頭ボードや店頭販促を改善すれば、集客力は飛躍すると気づいてほしい!

 

世の中には、素晴らしい商品、美味しいメニュー、心温まるサービスを提供されているお店が沢山あるにも関わらず、残念ながら、お客さまに気づいてもらえず、埋もれてしまっているということが、多々、あります。

 

もしも、このサイトをご覧の方で、現状に悩みを抱えている方、もっともっと売上を伸ばしたいとお考えの方は、ぜひ、私たちにご相談ください。

また、すでに店頭ボードを出している、店頭販促を実施しているという店長さんへ。

 

店頭ボード、店頭販促は、「ただ出している」「何となく作っている」では、その効果を完全に発揮することは出来ません。
お客さまを引き寄せる店頭には、プロの理論と実績が必要です。
弊社にご相談いただければ今以上の成果を上げることが出来るかもしれません。 

 

これが、私たちの願いであり、存在意義です。
あなたのお店の繁盛のお手伝いをさせてください。

 

株式会社店頭販促コンサルティング
代表取締役 中村 心

 

株式会社店頭販促専門コンサルティング
代表取締役 / 店頭販促コンサルタント
中村心について

アパレルメーカー、通販会社、出版社を経て、2011年に独立。
20万店以上のお店を足で見てまわり、独自の“繁盛する店頭作り”を体系化。
現在は、全国のお店の店頭改善のアドバイス・提案コンサルティングを実施し、数多くの実績を挙げている。

多彩な職歴の現場で得たマーケティング知識に加え、常に消費者としての目線を忘れないコンサルティングは、 「分かりやすいのに、本当に役に立つ!」 と、店長さんから大好評。
モットーは「お金はかけずに、アイディア勝負!!」低予算で集客効果があがるコンサルティング提案は、評価が高い。

また、店長・社員・スタッフ向け研修も積極的に実施。分かりやすい講義に加え、受講者一人一人のレベルに合わせた丁寧な実習指導が大好評。一部上場企業のほか、公的機関から街の商店街まで、開催実績は豊富。

 

●著書
つい入りたくなるお店がやっている 店頭手書きボードの描き方・作り方」(日本実業出版社) ※中国語版・台湾版も翻訳発売中!
3パーツを書き込むだけ! お客様が集まる店頭〈手書き〉ボード」(日本実業出版社)
「ブラックボード手書きガイドブック」(レイメイ藤井)

→ 書籍の詳細はこちらをご覧ください。

 

●コンサルティング・セミナー実績
セキスイハイム(株式会社積水化学工業) / リクルート / 株式会社ルネサンス /公益財団法人東京都中小企業公社 / ピザハットナチュラル / 横田富佐子総合美容文化会 … 等(順不同/敬称略)

→ コンサルティング・セミナー実績の詳細はこちらをご覧ください。

 

●メディア
商業界 / 販促会議 / 新宿商人 / 飲食店経営 / 食品商業 / 日本外食新聞 / HAIR NEW MADAM / TV神奈川 / FM TOKYO  …等

→ メディア実績の詳細はこちらをご覧ください。

 

更に、詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。