手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

お店にとって最適な店頭販促のご提案を
店頭販促コンサルティングがお手伝いします。
もっと、もっと、お客様が集まる繁盛店へ!

もっと売れる店頭へ

…さらなる繁盛のお手伝いを致します!

  • お客さまが集まる店頭ボードやファサードをつくるためのコンサルティング メニューはこちら
  • コラム「今週の店頭ボード」はこちら
  • 来店客がどんどん増える!店頭ボードの描き方が解るセミナーご案内はこちら
最適な店頭販促のご提案で、
もっとお客様が集まり、売れる店頭へ…

弊社は店頭販促専門のコンサルティング会社です。
A型看板や黒板などの店頭ボード・看板・のぼり・バナーなど、店頭における販促活動の課題点を指摘し、改善コンサルティングをすることで集客アップをお手伝いします。

また、各種研修セミナーも承っております。
一人一人の方に寄り添った、親切丁寧な研修を心掛けており、大変、好評いただいております。

弊社は非常に小さい会社です。しかし、小さい会社だからこそ、小回り力には自信があります。

お客様によって店頭販促のお悩みは千差万別。お客様からの「こういうことってできない?」というご相談に対して、柔軟に対応させて頂いております。

まずは、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

最新コラム» コラム一覧

Vol.420 「英語を話せます」とボードで宣言しよう

  先日、日本を代表する観光地のお店で見つけたボードです。 「All staff speak English in my shop」 要は、「当店では、スタッフ全員が英語を話します」という意味です。   長年、様々な店頭販促・店頭ボードを見てきましたが、こうしたボードが出るのは、まさしく、今の時代を…

» 続きはこちら

Vol.419 見たくなる店頭ボードを書く秘策

  店頭ボードを書くのは、そうそう簡単ではありません。 文面、レイアウト、色づかい…一人でも多くの方に自店の店頭ボードを見てもらうために、多くの方が、日々、苦心されていることと思います。 そこで、今週は、見たくなるボードを書くためのアイディアをひとつ、ご紹介したいと思います。 それは、「お客様にとってためにな…

» 続きはこちら

Vol.418 究極の低コストな店頭ボード

  今週は春先に見つけた店頭ボードです。 ありそうで無かった、段ボールを活用したボードです。   段ボールを用いたPOPは割と多いのですが、店頭ボードに段ボールを用いているお店は非常に少ないということもあり、オッと目を引きました。 ナイスアイディアで、良いですよね。   とはいえ、段ボール…

» 続きはこちら

Vol.417 お客様は、お店に対して、何を望んでいるか分かりますか?

  先日、朝からコンサルティングの仕事がありました。 子供向けスクールからのご依頼で、授業が始まる前に終わらせるため、朝一からの面談でした。   さて、無事にコンサルティングを終えて、お昼頃にJR東京駅に戻ってきたら、カフェでこんなボードを見つけました。 「昼飲みできます」のボード。 こちらのカフェ…

» 続きはこちら

他にも売れる店頭づくりに役立つ情報が満載! 過去のコラム一覧は »こちら から

新着情報» 新着情報一覧

告知・ご案内

「店頭手書きボードの描き方・作り方」の台湾翻訳版が増刷になりました。

  弊社代表・中村の書籍「つい入りたくなるお店がやっている!店頭手書きボードの描き方・作り方」の台湾翻訳版が増刷となりました! 増刷に伴い、タイトルや装丁もリニューアルしました。     以前の装丁はこちら。   日本語版はこちら   日本のみならず、海外でもお役に立て…

» 続きはこちら

メディア

連載誌「新宿区商店会情報誌・新宿商人」の最新号が刊行されました。

現在、弊社代表中村が連載中の新宿区役所発行の情報誌「新宿商人」の最新号が刊行されました。「もっと売れる店になる!手書きPOP講座」というテーマで執筆しています。 連載好評につき、前号よりページ数が2倍に増えています。 今まで以上に濃い内容となっておりますので、どうぞ機会がありましたら、ご覧ください。   &n…

» 続きはこちら

告知・ご案内

自社セミナーを開催いたしました。

  2019年9月11日、東京・渋谷にて「来店客がドンドン増える店頭手書きボードの描き方<実習セミナー>」を開催いたしました。   ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。 当日の写真を一部、ご紹介いたします。   参加者の方に書いて頂いたボードの一部です!   今回は人生で…

» 続きはこちら